下弦の月

メイプル日記

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: ---

Comment: 5  

瑠瀬

実は最近妹が子猫を拾い、もうすでに
実家に♀猫がいるのでどうしても飼う事ができない、、、
でも見捨てることも出来ないと困って相談してきたので
私が見てあげることにしたんです。

生まれてまだ1~2日しかたっていないほんとにほんとに
小さく小さい命です。

ほとんど母乳を飲んでいないと思われ、、、
目ヤニもすごくとてもかわいい~♪と言えるような状態では
ない♂の子猫でした。

母猫の栄養状態も悪かったのでしょう、
骨と皮だけで、なぜ生きていられるのか不思議なくらい。

でも一生懸命息をして、一生懸命母猫の温もりを求めて
か細い声を上げて鳴いていました。

私はとても切なくなりました。

さっそくメイポ仲間のルカや暇りんに写メを送ったり
暇りんには名前までつけてもらえました。










「瑠瀬~ルセ~」
20070913171846.jpg



それからというもの瑠瀬が夜中に鳴き声をあげては
粉ミルクを作り、少しづつ少しづつ与えました。

最初は哺乳瓶の乳首をうまく吸えず
とても心配しましたが、何回も与えるにつれ
とてもうまく吸い付いてくれるようになりました。

飲んで寝て鳴いて飲んで寝ての繰り返しですが
日に日に元気になっていくのはとても良くわかりました。




20070913172002.jpg


でも仕事に行っている時間
とても心配でした。

ちゃんと生きてるだろうか、、
おなかが空いてるだろうな、、、

毎日毎日心配でした。

うちに来てから5日目、
考えてもいなかったことが起こったのです。

その日は仕事も休みで朝からずっと家にいたので
午前中いつものようにミルクをあげて遊んであげました。

20070913172434.jpg


私にしがみつき離れてくれないくらい
元気でした。

お昼ごろ眠った瑠瀬を私は何も考えず
いっぱい寝ていっぱい大きくなりなさい
と、自分の用事を済ませていました。





数時間がたち

「ん?」

寝すぎじゃないの?瑠瀬

起こして無理やりでもミルク飲ませようと
したところ

いつもと違う反応の瑠瀬、、、
なんだかぐったりしてるのです。

おかしい。
絶対おかしい。

首も自分の力で起こせないほどの瑠瀬でした。

このままじゃ絶対に瑠瀬は死んじゃう!!!
病院だ病院病院。。。

あれ、、、どこにあるっけ動物病院って
どうすればいいんだっけ

焦るばかりで何も出来てない自分。

とっさに電話かけた場所は
消防署。。。

動物は消防ではどうにも。。。当然ですよね。

情けない私。。。

時間外でも見てくれる動物病院をみつけ
急いでタオルにくるみつれていきました。

涙が出ました。
このまま死んじゃったらどうしよう
自分のせいだ、、、

もっと早く寝てるの起こしてあげていたら?
もっと暖めてあげていたら?

動物病院の先生は
すぐにみてくれました。

「心臓がかなり弱っています。
出来る限りのことはしました。
後は家で観てあげてください。」

首を横に振った先生。

あぁ自分のせいだ
こんな小さな命
もっともっと慎重に様子を見てあげなければいけなかったんだ









家に連れて帰ってきて
ずっと瑠瀬を抱いてずっと顔を見てました。

自分でもその時間が何時間だったのか
覚えていません。

瑠瀬が鳴き声をあげました、
とてもとても小さな声で
鳴きました。



































その声が最後の瑠瀬の声でした。
私の手の中で
生まれたばかりの小さな命は
消えてしまいました。
















ruse.jpg

ごめんね瑠瀬…
守ってあげれなかったね…
















みんなは
「あなたのせいじゃないよ。あのまま棄てられたまま
炎天下に放置され死んでいくより
幸せだったよ。」
と慰めてくれます。

ほんとにそうかな…と
今でも自分ではわかりません。




瑠瀬はたった数日でも
この世に生まれてきた証を残してあげたくて記事にしました。

最後まで読んでくれてありがとうございます。
                
                  管理人 jd

  

20070913175121.jpg

スポンサーサイト

Comments

 
可愛そうですね・・・。
自分先月愛犬を亡くしました。まだ来て一ヶ月でしたね
 
とても残念でしたね。
自分も子供の頃、拾ってきた子猫を死なせた切ない思い出があります。
あいにく家には自分しか居なく、手の中で弱っていく子猫を泣きながら見てることしか出来なくて・・
とても無力な自分を知った苦い記憶。

今でもたまに思い出します。
 
jdさん。
立派な母親ですよw
読んでて涙が出ちゃいました・・・
きっと瑠瀬君もうれしかったと思うよ。

悲しいことだとは思いますが、
こうやって人や動物は
生きている以上は死ななくてはいけないんです。
悲しい現実です。

瑠瀬君のためにも頑張らないといけませんねw
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
愛猫がたった五日でも1年でも必死に生きていたことは確かなんだ

でもこのネコにとっていちばん嬉しいことは


誰かに愛されてること


プロフィール

jd

Author:jd
メイプルストーリー日記
  ~ss撮影出来ない件~

桜鯖   8ch生息
ギルド 〔下弦の月〕
  jdeppj(♀)レンジャー ☆120歳
AngelsTail(♀)ビショップ ☆138歳
  l下弦l(♂)シャドー  ☆152歳 
  T下弦T (♂)アサシン  ☆ 83歳
   下弦l(♂)ナイト   ☆126歳 
   (二年以上かけて英雄に。只今育成中。)


♂キャラつかってますが
中身は♀です、たぶん。


BBの次は転生ですか。
もう無理。

最近SUPERNATURALの
JENSEN ACKLESに
はまりまくり。

FC2カウンター
FC2ブログランキング

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ユーザータグ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。